ナニワの脳筋による日々の徒然。ゲームの話が多めかも。コメントはご自由に♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FF13クリア後感想
2010年01月14日 (木) | 編集 |
いやー寒いっすね!顔が痛い!

お正月も明けた4日の夜に、FF13をクリアしてエンディングを見ました。
やっと苦行から開放されてクリスタルになるどころか、本当にシ骸になるところでした。

以下、クリア後の感想を書きたいと思います。ネタバレ満載!
だいぶ毒を吐くと思うので、ポイゾナ、毒消し等の準備をお忘れなく・・・w
FF13最高!神ゲー認定!っていう人は見ないほうがいいです(´∀`)



いやあ、面白くなかった!w ここまでやっててつらいと思ったゲームは
初めてかもしれません…。前半からムービー?セーブ?1本道をちょっと歩いて
ボタン連打の戦闘?ムービー?セーブ…の延々繰り返し。
いつか面白くなるんだろうと信じながら、神展開と呼ばれる11章に辿り着くも、
そこからが本当の地獄でした。もう、何度コントローラーがネジコンに
なるところだったか…。とにかく戦闘がだるい。敵が強すぎます。
12章に入ってからは、もうやめる!!とマジで投げ出す5秒前をのれーさんに、
もうちょっとじゃん!となだめられて、なんとか気力でエンディングまで保った感じです。
貴様、ムービーとエンディング見たいだけだろうッッ!!!ヽ(`Д´)ノ

まず戦闘のバランスがおかしい。難易度が高いとかそういうレベルではない。
ハイスピードで繰り広げられる戦闘。求められる戦術(オプティマシステム)。
これ自体はスリルがあっていいと思うのですが、
あほみたいにHPが多く硬い敵、攻撃力も半端ない。
とにかく忙しく、常に集中していないとすぐにゲームオーバーになってしまうので
気が休まる暇がない。ただの道に配置されている雑魚戦闘で10分近くかかるとか、
しんどいにも程がある。達成感より先に疲労感がどっとくるので、全然楽しくないんです。

見ているほうも疲れる、と横で見ているだけののれーさんが申しておりました。
そんなのが続くのでなかなか進まず、眠くなりますw
オプティマ切り替えも、単なる作業にすぎません。まあこれをうまく使いこなさないと
勝てないんですが。パーティーメンバーを入れ替える度に、セットしたオプティマが
リセットされるという不親切設計に俺が泣いた。
なので、後半はメンバーチェンジもめんどくさくなりエンディングまで
ライトさん、サッズ、ヴァニラで固定でしたw サッズさんヘイストよろ^^;
あと物語の途中まで、パーティメンバーがコロコロ変わるためにテンポが悪くて
のめり込めなかった原因でもあります。

武器の改造なども、セーブポイントでしか出来ず、しかも素材を買うためにショップと
いちいち行ったり来たりするのがとてもめんどくさかったです。
この辺はモンハンを見習って欲しかった…。

肝心のストーリーは、面白くなかったです。1本道すぎて世界がすごく狭く感じられます。
パルスのファルシがルシでコクーンにパージされてなんたらとかはどうでもいいんです。
序盤で投げてしまう人が結構いたらしいのですが、それもそのはず、
引き込みが甘いんです。映画だって序盤でグイグイ引っ張らないと飽きてしまいますよね。
いきなり上記のような造語のオンパレードで勝手に話進められたら、普通混乱しますよね。
その辺は後々、じんわりわかってくるようなこないような、クリップ読んで理解してね☆
と投げっぱなし感が素敵すぎます。

そもそも、何を目的で旅をしているのかわからない主人公たち。
使命を果たすためなのはわかるけど、それがぼんやりしたままなので
プレイヤーも目的を失ってしまいます。まあ比類なきまでの1本道なので、
迷うことはないんですがねwww

世界観がそんななので、セリフも軽すぎて説得力どころか、感情移入もままなりません。
そもそも、みんなウジウジしすぎなんですよね、見てるほうがいらいらします。
どっしり構えてくれる大人キャラがいないからなのか…。
ヴァニラの「大丈夫だYO!」とスノウの「俺たちノラはなんたらより強い!」って
セリフに根拠がなさすぎて、その自信はどこから来るのだい?としらける一方です。
サッズやファングは比較的まともだけど、ていうかファングは男前すぎるので
男にして欲しかった(笑)。ヴァニラとらぶらぶなのがねー、故郷で仲間だった
らしいんだけどなんでそんなにガチレズなんだよ!ていう部分が不明瞭で。
男だったらまあ、理解できるかなーと思うんですが。
まあそしたらスノウさんがますます空気になるか…。
スノウさん可哀想なくらい突き飛ばされまくってたなあ…(´д`)

今回のシナリオ上、主人公たちが完全に世界自体からから拒絶されているので、
「その世界にいる気」がしないんですよね。だからなのかなあ、この虚無感。
主人公たちとコクーンなりパルスなりの繋がりみたいなものが
もっとうまく描かれていたら、また違った感想になったかもしれません。

なんというか、全体的に非常に「もったいない」感がします。
次世代機だからいろいろやっちゃえ?って詰め込むだけ詰め込んで
ぜんぜんまとまってなく中途半端な感じ。素材が悪くないだけに、
すっげーもったいないです。

かえって、PSPなどの携帯ゲーム機のほうが機能や容量に制限がある分、
うまくまとまってるゲームが多い気がします。
かえって不安になりました、スクエニって大丈夫なの?っていう(笑)。

このゲームを買う前、さんざん「クソゲーだからやめとけ!」とのれーさんに
止められたんですが、その忠告は正しかったようです(体験版がひどかったらしい)。
自分でも、体験版のプレイ動画などを見て、うわあおもんなさそうと思っていたんですが、
いやいや、天下のFFさまがくそげーであるはずがないというのに!と、
一縷の望みを託してほいほい買ってしまったわけですが、どうしてこうなったAA略でした。
よかったところを探すほうが難しいです。
グラフィックはまあ綺麗ですが、これくらいはいまどき珍しくないです。
むしろ今は洋ゲーのほうがリアルですごいです。

ムービー部分は、ラストのクリスタル化したライトニングさんの横顔がふつくしいのと、
花火デートのシーンで、セラの呼びかけに「ん?」と応えるスノウさんの優しい目に
どきっとしたくらいです。あと召喚パレードと12章の最初だっけコクーンで大暴れする
シーンがよかったです。タイトルロゴの意味もエンディングでわかって、ああなるほど、
と思いました。

ミッションとか全然やってません。本編クリアしてもやり込む気力もありません。
まあ、ちょっとでも楽しいと思った人がいればいいんでないでしょうか。
あれほどくそといわれた12が私は好きですから、人それぞれですね。
でも今回ばかりは、アマゾンのレビュー見てるほうが楽しかった!w
あと、エンディング見て「これ銃夢のパクリなんじゃ…」と思ったのは
私だけではないはず。エンディングも投げっぱなし感がぱねえです。収拾ついてませんw
ヴェルサスとアギトはどうなるのか、一応見守っておこうと思います。

プレイ時間は約45時間、
1月8日に、ゲヲで4000円で買い取ってもらいました^^
やすっ…!



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。